10
3
4
5
6
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
2013.02.25 *Mon*

Delightful Agatha

今度はアガサにしようか~♪

お友達のオウチでの会話、だった、そうです。

DSC01636.jpg
                                  (1歳6か月のアガサ)


懐かしい頃の思い出話をしました。

アガサが「ハイパー」という呼び名以上だったころ、

当然あたしは前から後ろから泥だらけ、爪のなかも爪ブラシが必要なほど泥だらけでした。

いい歳して、洗濯機の「念入りコース」でじゃぶじゃぶ洗っても泥模様が残るような服を着てた頃、

毎日「死ぬかも」と思いながらも朝の8時過ぎから公園。

当時のことを話すたび、変わらずそのママは急に笑い出します。



DSC01201_20130225213813.jpg


アガサがあたしの背中を両足裏で蹴り、まるでプールでターンしていくかのように

楽しんでた光景を思い出すみたいです。

あたしは不意に後ろからアガサの宙に浮いた両足で蹴られるわけだから、全体像は見えてない。

横でそんな光景を年中見てた人は、アガサの元気さと天真爛漫な笑顔に

ついつい笑いが止まらなかった・・・・のだが、

ときどき、「ママかわいそう」とあたしに言いながらもみんな笑顔。

どんだけ・・と思うほどの、宅の嬢ちゃま。


DSC01646.jpg


そんなアガサを見てたのに、

今度はワイマラナーを飼ってみようかというらしき会話をしてしまうことが

あったらしい。

それも、正しくは「今度はアガサを飼ってみようか」・・・だったらしい。

底なしに大暴れの、

身体中がゴム毬の、

お調子ものの、

なのに、恐がりで、

しかし、「お転婆」の自乗の、

そして眠らない「アガサ」が魅力的だったらしい。

今も「アガサはどうしてるかな・・・・」と思い出し、わが子の分まで長生きしてねと

言ってくれる。

ポロリと涙が出ました。

メチャクチャなアガサの青春時代だったと思うけど、

アガサはたくさんの人を喜ばせる存在だったんだね。

ずっと昔から、アガサは、Delightful Agatha~★ だったのね。


夜はだんだんとアガサとの時間に戻っていこう・・・。


DSC02014.jpg



22:00 | edit | top


プロフィール

び~だま。

Author:び~だま。
ワイマラナーアガサのハハです。きっと、あたしは親ばか検定1級!すっかりワイマラナーに浸かり、今後もどっぷりワイマラナー。



最近の記事



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



FC2カウンター



かわいいアガサ・・・・・



My Favorite Blogs

新しい記事を更新されたblogが自動的に上になります。



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー



RSSフィード



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



Copyright © Delightful Agatha All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ (ブログ限定配布版  /素材: ふわふわ。り  ・・・