09
1
2
4
5
6
7
8
9
10
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
< >
2014.09.21 *Sun*

誰からもアガサ

20140920001 (1)

おかしなタイトルでしょ、

誰からもアガサ・・・なんて。

この数か月のいろいろで、一気にアガサの様子が変わり、

そして日に日に努力を積むアガサを周囲の人たちは見ています。

ハーネスを付けてやっとお外に出られるようになったときには、

いつもアガサを見慣れてるご近所さんは、玄関先を掃くほうきを止めて、

「どうしたの!」と目をまん丸にし、

11歳になっていたアガサに対して改めて「何歳になったのかな?」と疑問をもったようです。

それほどまでにアガサの日常はハツラツとしていたのかなと思ったり。

最近では、アガサがバランス崩す寸前になって家の近くまで戻ってきたのを呼びとめて

「持って帰りなさい」と言ってメロンを下さったり、

アガサが「アガサであるべき」ことを応援してくださることをいっぱい感じます。

と、同時に、これまでとは違ってしまったことも感じます。

お散歩してても小型犬も正面からアガサに向かってきますし、いままでアガサを見たら

後ずさりしていた大型犬の男子も今や唸り声をあげてアガサに向かって来ようとします。

それを許さないと思うのか、帰り道のヨロヨロと崩れ落ちそうなときにも

力を振り絞ってジャンプするアガサです。

それを抑えるハハさまは、胸が思いっきり叫び声をあげそうです。

そのあと家にたどり着くまでの数分間、なぜか遠い過去を思い出しました。

犬と暮らしたいなぁ・・・と思った瞬間のこと、秋の夜のことです。

ソファに座って本を読んでたその夜に想像したことは、「静かに横に居てくれる犬」

でした。


しかし、その翌年から地獄のような毎日が始まりいつのまにか今になったけど

あのとき思い描いた、「夢のような犬との暮らし」って、今かも知れないと思いながら

アガサの歩きを見守りながら帰ってくるのです。


今夜は昨日よりもまた少しだけ住宅街の奥に足を延ばし、シッポもうなだれるほど

疲れて歩くアガサでしたが、背中を触ってあげると、魔法の力が加わったかと思うほど

瞬時に首とシッポで喜びを表現するあたしのベストパートナー!

おつかれさまでした。

00:11 | edit | top


プロフィール

び~だま。

Author:び~だま。
ワイマラナーアガサのハハです。きっと、あたしは親ばか検定1級!すっかりワイマラナーに浸かり、今後もどっぷりワイマラナー。



最近の記事



最近のコメント



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



FC2カウンター



かわいいアガサ・・・・・



My Favorite Blogs

新しい記事を更新されたblogが自動的に上になります。



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー



RSSフィード



月別アーカイブ



QRコード

QRコード



Copyright © Delightful Agatha All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ (ブログ限定配布版  /素材: ふわふわ。り  ・・・